とある法務部員の備忘録。

某IT企業に務めるお気楽法務部員が、法律、ゲーム、生活、その他諸々を書き綴っております。

MENU

禁煙外来で禁煙に成功するまでの日記【その4】

禁煙してから7日目。

 自分は、10月4日(火)から禁煙を開始したので、今日で禁煙7日目ということになります。おかげさまで無事に禁煙を続けております(^_^;)

 今はニコチン切れ症状もだいぶ落ち着き、タバコを吸いたいという気持ちはかなり薄れてきました。今までであれば、朝起きてすぐにタバコが吸いたくなってたんですが、今は全然無いです。会社に行ってからも、たまーに「ちょっと一服したいな」と思うことがあっても、我慢出来る範囲内の欲求です。ガムとかパイポで誤魔化せます。

 んで、一昨日ぐらいに友人(非喫煙者)と飲みに行ったんですが、お酒の席でもタバコを吸いたいという衝動は起きず、無事に乗り越えました。喫煙者と飲みに行っても、同じように、タバコへの衝動を抑えられるかが課題ですね。

 

禁煙の心得。

 たかだか、禁煙7日の奴が偉そうなことを言うのも憚れるんですが、禁煙するにあたっての心得的なものを。

 

タバコが吸える環境を作らない・近づかない。

 自分が一番意識しているのはコレです。とにかく、自分の周辺からタバコを吸える環境を無くしていきます。灰皿・ライターの処分、全席禁煙のお店のみ利用、喫煙所を視界に入れない・近づかない。とにかく、「タバコなんてこの世に存在しないんだ」と言わんばかりに、タバコを全否定します。

 禁煙補助薬の効果もあってか、そういう環境を作っているうちに、自然とタバコのことを考えない日々が当然のようになってきました。禁煙するなら、タバコの存在を周囲から消しましょう。

 

暇を持て余したら散歩しよう。

 もちろん仕事中は無理ですよ?あくまでも休日、家に居るときの話です。

 禁煙に踏み切れない人は、「もし禁煙するとなった場合、タバコを吸っていた時間を、何に置き換えたら良いのか分からない」「タバコ以外に気分転換を図る方法が分からない」という不安を抱えていることが多いのではないかと勝手に想像していますが、自分の場合、暇を持て余したら、とにかく外に出て、音楽を聞きながらウロウロと散歩するようにしています。

 今まで通ったことのない道を歩いてみたり、駅周辺のお店を開拓してみたり、電車に乗って知らない駅で降りてみたり。良い運動にもなりますし、今まで見えていなかった景色が見えたり、凄く新鮮な気分になります。その間、タバコを吸いたいという気持ちも起きないですしね。

 自分は無趣味なので、よく散歩していますが、趣味がある人は趣味に没頭するのもアリですね。

 

「辛いのは最初の1週間」というのは本当です。

 よく、「禁煙の最初の1週間が山場」という意見を聞きますが、これは本当だと思います。自分の場合は最初の3日間は本当にしんどかったです。タバコへの欲求は消えないですし、ホントに薬効いてんのかよって感じで。

 でも、4日目ぐらいから徐々に、「タバコを吸わない日常」に慣れてきて、1週間も経てば、かなり苦痛は緩和されます。

 ここまで来て、「やっぱり禁煙失敗しちゃいましたー(テヘペロ)」ってのはシャレにならないですが、おそらく、この先しばらく状態は変わらないと思うので、次は、禁煙を開始してから1ヶ月程度が経過した頃に日記を書きたいと思います(・∀・)