読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある法務部員の備忘録。

某IT企業に務めるお気楽法務部員が、法律、ゲーム、生活、その他諸々を書き綴っております。

MENU

英文契約解説 第1回「前文(RECITALS)」

英文契約の冒頭部分

f:id:pochi-kohchou:20170518170149j:plain

 どうも、まさぽちです♬

 今回より連載企画としまして、英文契約によく出てくる条項について、色々書いてみたいと思います。第1回目のテーマは「前文」です。

 

 前文と聞くと、「日本国憲法前文」ぐらいしか思い浮かばない人も多いかもしれません。それもそのはず。日本の契約書では、契約書のタイトルのあとに簡単な記載(例えば、「A(以下「甲」という)とB(以下「乙」という)とは、●●●に関して以下のとおり契約を締結する」といったもの)がなされているだけで、取引に至った経緯や契約の位置づけなど、詳細事項を書きません。その後に続く各条項において、取引条件を詳しく規定しており、契約内容としてはそれで十分だと考えられるからです。

 なお、第1条に目的規定を定め、契約の趣旨・目的を記載する例も多いですが、これが省略されているケースもあります。

 

 他方、英文契約では「前文」と呼ばれるイントロダクション部分が存在し、「RECITALS」とか「WITNESSETH」といったタイトルで表記されています(※1・2)。

※1 ただし、「WITNESSETH」は古典的な英語のため、あまり使われないようです。

※2 必ず前文が規定されているというわけではなく、自分の携わっているIT業界では、取引内容にもよりますが、前文が規定されているのは、10通中、2~3通ぐらいという印象です。

 

 前文では、契約の基本的骨子や取引の背景、契約の目的など、「本契約は、つまりこういう契約だよ」という説明が書かれています。なぜ前文を規定するのか、その歴史的経緯や英米法上の位置づけなど、興味がある方は調べてみてください。

(そして教えて欲しいです…!笑)

 

 この前文の大きな特徴として、「WHEREAS」という独特な書き出しでパラグラフが始まるという点を挙げることができます(※3・4)。例えば、

 

WHEREAS, Buyer and Seller may from time to time agree that・・・;

WHEREAS, Seller will make the services available pursuant to this Agreement・・・;

 

といった具合です。そのため、前文のことを「Whereas clause」と呼ぶこともあります。

※3 「WHEREAS」という表現を使わないことも多いです。

※4 WHEREASのパラグラフの文末を「セミコロン(;)」とするケースもありますが、これはRECITALSを長い一文で記載していたことに由来するものだそうで、一文一文を「ピリオド(.)」で終わらせても問題ないとされていますし(参考:弁護士法人東町法律事務所コラム 第120回 英文契約書の基本の基本(Recitals編), 

http://www.higashimachi.jp/column/column120.html)、実際そのように表記している契約書の方がよく目にします。

 

 初めて英文契約を翻訳する人は「WHEREAS」という表現に戸惑うかもしれませんが、これを「一方」とか「…であるがゆえに」と訳する必要はなく、普通にそのあとに続く文章だけを翻訳すれば大丈夫です。

 そして、「WHEREAS」の結びのパラグラフに「NOW, THEREFORE, in consideration of the mutual covenants contained herein, Buyer and Seller hereby agree as follows:」(よって、本契約記載の相互の約因に基づき、買主と売主は以下の通り合意する)と記載し、そのあとに詳しい契約条項が続くという感じです。

 

【英文契約 表現集】

from time to time:随時

in consideration of~:~を約因として、~の約因に基づき

come into:発効する、効力を生じる

execute:締結する

in connection with~:~に関して、~に関連して

pursuant to~:~に従って

 

 

旅行は1人で行く方が良いと思うの。

旅は道連れ 世は情け? 

 先日、バンコク旅行に行って来たという記事↑を挙げましたが、今回は旅行繋がりの話題として、「旅は1人で行くに限る」というお話をしたいと思います。

 

 私は、旅行に行ったとしても、彼女や友人と行くことが多いタイプの人間でした(しかも、自分発案ではなく、誘いに乗って行くことがほとんど)。

 「長いものには巻かれろ」という思考であった私が、旅行に関しては、1人で行く方が良いなと思うようになったのにはあるきっかけがあります。まずは、そのきかっけからお話します。

 

とある海外旅行にて。

f:id:pochi-kohchou:20170508164931j:plain

 ある時、友人と海外旅行に行く機会がありました。私自身にとって初の海外だったんですが、この友人は、何度か海外旅行に行ったことがあるらしく、海外に慣れているなら大丈夫だろうと勝手に思っていたんです。

 しかし、旅行の日程だけ決めたあと、「具体的なプランは追って決めよう」と言ったきり、いたずらに時間が過ぎていきます。私は焦って、航空チケットやホテルの空き状況をリサーチし、行き帰りの航空便とホテルを提案しました。この時、私が提案した航空便は、直行便ではなく、乗り継ぎ便(トランジット)であり、ホテルについても、観光する予定の都市中心部からは微妙にズレており、拒否されると思いきや、二つ返事でOK。

 

 その後も、トランジットの宿泊先や現地での具体的な旅行プランの話が一切出てきません。なので、トランジットの宿泊ホテルをリサーチし、ガイドブックを参考にしながら旅行プランを立てて、その友人に提案したところ、こちらも二つ返事でOK。

 「全然何もしないじゃん…」と思う一方で、「本当に大丈夫なのか?」という不安が募っていきました。そして、この不安はある意味的中することになります。

 

 旅行前に、ガイドブックの付録地図をお互い入念に確認したにもかかわらず、地名や駅名を覚えようとせず、移動するたびに「ここどこ?」の連続(あるいは、場所を勘違いしている)。

 また、旅行前にプランを提案しなかったわりには、道に迷ってでも訪店予定のお店を何時間も探したり(歩き疲れたので、別のお店にしようと提案しても渋る)、明らかに目的のビルとは違う建物を指して、「絶対あれだと思う」と言って聞かず、その建物まで行ってみるもののやはり違ったり(そもそも地図が頭に入っていないのに、何故その建物だと思ったのか…)。

 さらに、当初の予定にはなかったにもかかわらず、面白そうなお店やスポットを見つけると、予定の変更を押し通したり、予定になかったお店に寄って、こちらが少しつまらなさそうにしていると、「なんか俺だけが盛り上がってるよな」とチクリ(いや、だって予定になかったやん…)。

 加えて、両替した現地通貨では足りないぐらいの高価品を買おうとして、自分のクレカが使えないために、こっちのクレカを要求したり(一時的な立替払いとはいえ、人のクレカで数万円もの買い物をするか…?)。

 

 そんなこんなで、旅の途中からクタクタに疲れてしまいました。これが、一人旅の方が良いなと思うようになったきっかけといいますか、同伴者ありの旅がしんどいなと思うようになったきっかけです。

 その友人が旅のパートナーとして合わなかっただけで、旅行スタイルが合致するパートナーであれば楽しいのではないか?という意見も分かります。なので、同伴ありの旅行を全否定するわけではありません。新婚旅行などは楽しいでしょうし。

 

一人旅の良さ

 ここから先は、一人旅の良さを語らせてください(笑)

 

① 気を遣わずに自由に旅できる。

 一人旅の良さは、何と言っても自由であること。

 同伴者に気を遣う必要はなく、気の赴くままに自分の好きなところを訪ねることができ、自分の好きなタイミングで休憩もできます。当初の予定を勝手に変更できますし、見知らぬ土地を一人でブラブラ巡っていると、周りの景色がよく見えて、楽しさ倍増です。

 特に海外旅行では、周囲に知り合いがいない異国の地で、普段の旅行よりも解放感が増すような気がします。

 

② トラブルさえも独り占め。

 一人旅の不安点は、「旅先でのトラブル」かと思います。命に関わるようなトラブルは別として、ちょっとしたトラブルは、むしろ旅の醍醐味です。これを一人で味わうことが出来るのも一人旅の良さ!(?)

 海外旅行では、言葉が通じないし、土地勘もないし、あれこれ不安が尽きないかもしれませんが、一昔前に比べて、現在は、海外でも普通にスマホやPCが使えるので、大抵の問題はググって解決できますし、そこまで心配するほどのことでもないかなぁと思います。

 

③ 現地の人との交流が深まる。

 同伴者がいると、旅行でのコミュニケーションの相手方は自ずと同伴者となります。どこかのお店を訪ねても、道に迷っても、ご飯を食べていても、まずコミュニケーションをとる相手は同伴者です。

 しかし、一人旅の場合、コミュニケーションの相手方は現地の人しかいません。同伴者ありの旅行だと現地の人と交流を図ることができないという意味ではありませんが、一人旅の方が現地人との交流を図る時間と密度は相対的に増えると思います。

 旅先での出会いやコミュニケーションを図ることも旅の醍醐味であるとすれば、一人旅の方がそういった部分をより楽しめるのではないかというのが筆者の意見です。

 

むすびに

 不思議なことに、自分の周りには一人旅が好きな人が少なく、「旅は道連れ」という考え方の人の方が多いように思います。

 しかし、そういう人でも一度は一人旅にトライして、一人旅の良さを知って欲しいなと願うこの頃です。

 

 

 

【バンコク初心者向け】バンコク旅行で参考になりそうなことを書いてみる(追記)

追記

f:id:pochi-kohchou:20170509171718j:plain

 

前回の記事はこちら↓

 少し書き漏れや思い出したことがあったので、以下のとおり追記しておきます。

 

チップ

 タイのチップ文化については、正直よくわからず、こちらの記事が参考になるのではないかと思います。

トラベル・バイト・ライファーズ(URL:https://freelifer.jp/?p=14260

 

 こちらの執筆者の方も仰られているように、「迷ったら20バーツ札を渡しておけば間違いない」という感じです。筆者は、チップを渡そうと思い、財布の中を見ると、紙幣は、500バーツ札と1000バーツ札しかなかったため、小銭でチップを渡したら失笑されました(・ω・)

 ですので、①20バーツ以上を、②紙幣で渡すというのが、何となく正解のような気がします(正解なんてないんでしょうけど)。

 

ホテル

 最初から目的地が決まっていて、そこにしか行かないというのであれば、その周辺のホテルをとれば問題ありません。

 そうではなく、バンコク市内を全体的に巡りたいという場合であって、どのあたりのホテルを取ればよいのか分からないという人は、サイアム または シーロム の周辺ホテルを取ることをオススメします。

 サイアム・シーロムバンコクの中心部に位置しており、交通アクセスが非常に便利です。サイアムであれば、BTSスクンビット線に乗って、トンローやエカマイ方面にも行けますし、シーロム周辺であれば、チャオプラヤー川のボートに乗って、王宮エリアやカオサン通りエリアにもすぐ行けます。要するに、西部エリアに行くにしても、東部エリアに行くにしても、めちゃくちゃ便利なところに位置しているんです。

 それだけでなく、サイアムはショッピング街ですので、足りないものはすぐに調達できます。また、シーロム周辺にホテルを取っていれば、夜の繁華街で遊び過ぎて終電がなくなったとしても心配要りません。

 

暑さや日差し

 バンコクは熱帯であり、日本のように四季はなく、11月~2月が乾季、3月~5月が暑季、6月~10月が雨季と分類されています。

 筆者は、暑季である5月に滞在していたのですが、日中はうだるような暑さです。じっとしているだけで、汗が滴り落ち、雨も降らなかったので、ずーっと太陽の強い日差しが降り注ぎます。暑さや日差しが苦手という人は、言うまでもなく、暑さ対策・日焼け対策が必須と言えます(日焼け止めクリームをしっかり塗っても、ほんのり焼けました)。

 他方、屋内はどこに行っても冷房が効いているので、快適に過ごすことができます。なお、最も観光に適しているのは、11月~2月の乾季らしいので、「暑いのは嫌だし、雨が降るのも嫌だ」という人は、この季節に渡航されることをオススメします。

 

治安

 当然、日本よりは悪いです。スリや窃盗などの軽犯罪が多いようですが、テロやクーデターの心配も付きまといます。

 ただ、(たかだか3日間しか滞在していない自分が言うのもなんですが)あまり治安が悪いとは思いませんでした。危ないと思ったのは、夜のスクンビット(ソイ・カウボーイ)とかシーロムぐらいで、それ以外は至って普通(危ないと言っても、夜の歌舞伎町と同じような感覚です)。

 スリ被害などが気になるのであれば、①夜の繁華街に近づかない、②知らない人から話しかけられてもひたすら無視する、③しつこく話しかけてきたり、近づいてくるようなら毅然と拒否する、といった点を守っていれば、トラブルに巻き込まれる可能性は低いと思います。

 

旅先での写真

 最後に、旅先での写真をいくつかあげさせて頂きます。

 

f:id:pochi-kohchou:20170510151144j:plain

 空港から電車に乗って移動しているときに撮影したバンコクの風景。こういった国王陛下の看板が至るところにあります。

 

f:id:pochi-kohchou:20170510151454j:plain

 ワンちゃんと目が合ったので思わず(笑)

 

f:id:pochi-kohchou:20170510151534j:plain

 プララーム9駅前の大通り(ラマ9世通り)。普通に都会だったのでびっくりした。

 

f:id:pochi-kohchou:20170510151818j:plain

 ワット・ポーの寝釈迦仏。

 

f:id:pochi-kohchou:20170510152025j:plain

 ワット・プラケオの王宮。

 

f:id:pochi-kohchou:20170510152114j:plain

f:id:pochi-kohchou:20170510152151j:plain

f:id:pochi-kohchou:20170510152231j:plain

 チャオプラヤーエクスプレスボートの船内の様子と、ボートから見えたチャオプラヤー川

 

f:id:pochi-kohchou:20170510152436j:plain

 行ってないですが、こちらがタイ国立劇場

 

f:id:pochi-kohchou:20170510152603j:plain

f:id:pochi-kohchou:20170510152627j:plain

 お土産屋といいますか雑貨屋の様子。2枚目はちょっと珍しい人形だと思ったので撮影。

 

f:id:pochi-kohchou:20170510152809j:plain

 ワット・サケートの頂上から撮影したバンコクの街並み。ขอบคุณ!

※ ワット・サケートは、カオサン通りからタクシーで5分程度の場所に位置する寺院であり、344段ある螺旋階段を登って頂上まで行くと、バンコク市内を一望できます。