箱庭的ノスタルジー

世界の片隅で、漫画を描く。

ロジクール MX KEYS Miniを注文したので漫画作業環境におけるキーボードを語る。

僕はこれまでApple純正のMagic Keyboard(テンキー付き)をずっと使ってきたんだけど、僕の作業環境には合っていなかったため、いい加減キーボードを買い替えようと思い、ロジクールのMX KEYS mini 700GRに変えることにした。

 

 

メルカリで状態の良さそうな新中古品が1万円以下で売られていたので、条件反射的にポチってしまった。譲って下さった方に感謝したい。

 

ちなみに、MX KEYS mini for Macを買うことも考えたんだけど、US配列に慣れていないし、M2 Mac miniを使っている人の中には、普通のMX KEYS mini 700GRを使っている人もいたので、たぶんBluetooth接続の安定性も大丈夫だろうと思っている。

(ただし、iPadのBluetooth接続が途切れる現象がいくつか報告されており、やや不安である)

 

****

 

さて、問題は「なんでApple純正のMagic Keyboardが自分に合っていなかったのか」という点だ。今日はこの点を切々と語っていく。

 

 

元々、このキーボードは、4〜5年ほど前にiMacと同時に購入した。

 

その当時は、趣味でブログを書くぐらいであり、デスクの上にこういう横長のキーボードがデデーンと置かれていたらカッコいいだろうと思って、テンキー付きにした。本当にそれぐらいの理由しかない。

当然のことながら、Macとの相性も良かったので、接続が切れるとか、キーが押しにくいとか、そういうこともなく、最初は何の不満もなかった。たぶん、macでテキストを打つ作業をメインでやっている人なら、このキーボードでも何の不満も無いと思う。

 

・・・・ところが、本格的に絵を描くようになり、デスクの上に液タブを置き始めてから状況が変わり始める。

 

邪魔になってきたのだ。

 

僕がデスクで作業をする時、ほとんどの場合は液タブに向かってペンを動かす時間であり、キーボードを使うタイミングがなかなか無い。キーボードのショートカットキーを使って絵を描く人も多いけど、僕は左手デバイスとしてTabmateを使っているため、余計にキーボードの出番がなくなる。

 

しかし、かと言って、全く使わないわけではない。こういうふうにブログを書くときは当然キーボードを使うし、それ以外にも、調べ物をしている時、作品のプロットを作っている時、原稿にセリフを打ち込んでいる時など、キーボードを使うタイミングは確実に存在する。

 

つまり、僕が使っているテンキー付きのMagic Keyboardは、そんなに使う頻度が多くないにもかかわらず、テンキー付きなのでデスク上でそれなりに場所を取ってしまうし、かと言って、キーボードを使う機会をゼロにすることもできないので、手の届く位置には置いておかなければならず、置き場所をどうしたら良いのかずーっと分からない状態が続いていた。

(液タブで絵を描いている人だったら全員が同じことを感じていると思う)

 

しかも、僕が使っている液タブは24インチのCintiq Proなので、デスクの大半を液タブが占拠しており、絵を描いている時はキーボードの置き場所なんて本当に無いに等しい。

液タブをアームで浮かせているので、デスクと液タブの隙間に置いとくとか、デスク横にキャビネットを持ってきて、そこに置いとくとか、なんとかやり繰りしてきたが、「テンキーなんてほとんど使わんのに、なんでこんなにデカくて邪魔なんだ!」という憤りを感じていたのが本音である。

 

ごめんね。君は悪くないんだけどね。

 

*****

 

しかも、このMagic Keyboardには、あと2つ弱点がある。

 

まず1つ目。

 

Apple製品との相性が良いので、当然iPadとかにも使えるんだけど、Bluetoothの接続切り替えが簡単には出来ないのだ。

最近の機種は知らんけど、少なくとも僕が使っている古いモデルは、新しいデバイスに繋ごうと思ったら、一度Bluetoothの接続を切ったあとに、新しいデバイスでBluetoothを接続し直す必要がある。要するに、とーっても面倒くさい。

 

僕は最近iPadでの作業も増えてきており、原稿の文字入れはiPadでやりたいと考えているので、余計にこの切り替えの面倒臭さが気になってしまう。

以前、iPad用のキーボードを買ってみたものの、このキーボードが微妙だったので、安価なキーボードに対する恐怖心があり、かと言って、iPadのためだけに高価なキーボードを買うこともできず、八方塞がり状態に陥っていた。

 

pochitto.hatenablog.com

 

2つ目。

 

外に持ち出せるサイズではないので、自ずと家で据え置く以外に用途がなくなってしまう。テンキーなしタイプなら持ち出しも可能なんだろうけどね。何でテンキー付きにしてしまったんだろうと自分を責めたくなる。

 

******

 

これまでの話をまとめると、僕がキーボードに求めている条件はこうなる。

 

  • 外に持ち運べるぐらいのコンパクトさ(デスクの上で邪魔にならない)。
  • 頻繁に場所を動かすので、有線ではなくBluetooth接続タイプ。
  • MacとiPadで併用したいので、接続を簡単に切り替えられる機能。
  • Magic Keyboardの浅いキータッチに慣れてしまったので、同じような浅めのキー。
  • ストレスを感じない程度のキーピッチ。

 

というわけで、色々と探したらロジクールのMX KEYS miniにたどり着いた。

ちなみに購入した色はグラファイトであり、デスクの色合いと合っていると思っている。

 

まあ、実際に使ってみてどう思うかは分からないんだけど、そん時は使用感のレビューでも書こうかな。

 

M2 Mac miniが届いたのでCLIP STUDIOの再インストールをやっていく。

本日、M2 Mac miniが手元に届き、なんとか設定が無事に終わったので、セットアップ周りでのゴタゴタとか、Mac miniの感想とか、iMadがぶっ壊れてしまったことへの反省とか、別に誰も興味の無さそうなことをツラツラと書いていく。

 

ひとまず、僕の現在のデスクがこちら。

 

 

モニターはLGの27UL500-Wを購入。たしかAmazonで34,000円ぐらいだったはず。別に不満に感じるところもなく、普通にキレイだと感じる。iMacの4K Retinaディスプレイよりもギラギラ感が抑えられていて、むしろ僕はこっちの方が好きだ。

 

キーボードは引き続きAppleのMagic Keyboardを使用しているが、本当はロジクールのMX Keys miniが欲しい(今度買おう)。

 

マウスは何のこだわりもなく、ヤマダ電機で購入したロジクールのM650Lを使っている。僕の手にうまくフィットしているし、これより高いマウスなんて要らんので、壊れるまでこれで良いと思っている。

 

なお、モニターにスピーカーがついていないため、Amazonで評価の高かった「Creative Pebble V2」というものを購入。

 

何の不満もない音質であり、とりあえず音が出てくれてありがとうと言いたい。ただ、僕は普段からヘッドホンとかイヤホンで音を聞いているので、あまり出番はないかもしれない。すまない。

 

ちなみに、写真には映っていないが、液タブとしてCintiq Pro 24を専用アームで吊るしている。

あとは、細かいところで言うと、外部SSDストレージを常に挿した状態にしてケーブルトレイに常駐させてるとか、Stream Deckにスクショや写真アプリのショートカットキーを置いてるとか、作業環境としてはそんな感じかな。

 

****

 

んで、M2 Mac miniの速度とか性能的なところを言うと、ぶっちゃけあんまりよく分からないというか、まあこんなもんだろうという印象。これは悪い意味ではなく、元々Macのスペックの高さを知っていたので、想像の範疇だったという意味だ。

もっとも、冷却ファンがぶっ壊れて、Youtubeを見ているだけでヴォンヴォンと轟音を鳴らしていたiMac2019と比較すると、とにかく静かであり、場所を取らない省スペースも相俟って、快適さが半端ないなーと思う。これだけでも買って良かったと思う。

 

さて、問題はClip Studioの再インストールだ。

 

僕は、作業中の編集データを除き、クリスタのバックアップを一切取っていなかったので、当然ダウンロード素材はすべて消えたし(購入履歴は残っているけども)、環境設定なども最初から設定しなおす必要があるため、とても骨が折れる。

 

まず、いつも躓くのがClip Studioの画面を液タブ側のモニターに表示させる方法であり、今回もよく分からなくなってしまった。

「システム設定」→「ディスプレイ」→「配置」と進み、メニューバーを液タブに移動させれば、液タブがメインモニターという扱いになるため、クリスタを起動したときに自動的に液タブに表示されるようになるのは知っている。だけど、僕がやりたいのは、あくまでも液タブをサブモニターのままにしつつ、クリスタを液タブのモニターに表示させる方法なのだ。

 

これについては、僕の中で2つの方法を確認した。

 

まず大前提として、クリスタの「環境設定」→「インターフェース」と進み、「アプリケーションフレームを使用する」にチェックを入れておく。こうすることで、クリスタのコマンドバーがフレームにくっつく状態になる。

次に、ミッションコントロールで「デスクトップ2」を作り、クリスタの表示先を「デスクトップ2」に割り当てた状態でクリスタを起動するか、もしくは、クリスタをいったんメインモニター側に表示させたあとに、手動でクリスタ画面を液タブモニターへドラッグ&ドロップで移すかの二択である。

 

いずれの方法を採ったとしても、「アプリケーションフレームを使用する」にチェックが入っていないと、コマンドバーだけがメインモニターに残ってしまうので注意。

一度、クリスタをデスクトップ2に表示させると、次に起動したときもデスクトップ2に表示されるようになるが、ごくたまに不具合でメインモニター側に表示されることがあるため、表示先を「デスクトップ1」に変えてから再び「デスクトップ2」に変更するとか、先程も言ったように手動でフレームごと液タブ側に移動させればいい。

 

あとは、ワコムのドライバーを再インストールするとか、ディスプレイ解像度を印刷サイズで表示するようにするとか、パレットの位置を変えるとか、Tabmateのキー割当を再設定するとか、よく使ってたブラシを再ダウンロードするとか、そういった必要な設定を済ませていき、現在に至る。

細かいところで言うと、ペンの筆圧設定とか、ツールのグループ分けが出来ていないとか、出力したときの縮尺が正しく表示されていることの確認とか、まだ完全に出来ていない部分もあるため、そこらへんを引き続きやっていきたい。

 

*****

 

まあ、そんなこんなで、新しいPC作業環境がとりあえず完成した。

 

今回、iMacがぶっ壊れて思ったこととしては、モニター・PCの一体型のパソコンは買わない方が良いということ。iMacの場合、モニターが壊れたから、そこだけを交換するということが気楽にできず、業者に持ってって、クソ高い修理費を払う必要が出てきてしまう。

まあ、そんな高い修理費を払うぐらいだったら、新しいPCを買った方がマシなので、今回はそうしたが、そうすると、どうしても高くついてしまう。モニターも買う必要があるし、iMacクラスのモニターを買おうと思ったらクソ高いからだ。たぶん、iMacクラスのモニターを買おうと思ったら、軽く10万円近くはすると思う。

 

僕がMac miniを買ったのもそれが理由であり、最悪PCが壊れたとしても、PCだけを買い換えれば良いので、妙な安心感がある。さすがに、iMacが壊れるたびに、新しいiMacを買い続けるという選択肢は僕にはない。今後なにか特別な理由がない限り、僕は据え置き型のPCはMac miniのようなものを買い続けると思う。

 

というわけで、本日はこのへんで。

 

2月も終盤に差し掛かったので現在の進捗状況を。

2月も終盤に差し掛かったので、現在の進捗状況とか、生活のこととか、あれこれ書いていこうかな。

 

まず、下書き作業については、ネームの修正をやりながらコツコツと描き進め、ひとまず最後まで完走できた。細かいところの修正は未だに必要なんだけど、ほぼデザインや造形については完成しており、あとはそういった細かい修正をやりながら、いよいよ最後のペン入れ・仕上げ作業に取り掛かろうかなと思っている。

実は、下書き作業はもう少し早く終わる予定であり、2月16日時点のブログによると、25日までには終わると宣言していたが、18日にiMacがぶっ壊れる大トラブルが発生してしまったため、結局その週までに終わらせることは叶わなかった。ちなみに、業者に見てもらったところ、おそらくSSDなどの排熱装置がイカれてしまったのではないかとのことであり、直そうと思ったら中の部品を丸ごと交換しなければならないので、最低でも4〜5万かかると言われ、修理は完全に諦めた。

 

ただ、このトラブルに関しては怪我の功名であり、ネーム・下書き作業をiPadで引き継いだ結果、自分の絵の欠点に気付くこともできたし、iPadの可能性を確認することも出来たので、結果として良かったと思う。今後は、必要なときだけiPadのクリスタに課金をして、PCとiPadの作業を並行していこうかなと考えている。

 

さて、今後のスケジュールとしては、注文していたM2 Mac mini(メモリ16GB、SSDストレージ256GB)が明日届くので、とりあえずそのセットアップを済ませて、クリスタを使える状態にまでもっていき、細かい修正項目を確認するところまでは進めていこうかなと思う。

ぶっちゃけM2 Mac miniとCintiq Proとの相性も分からないし、LGの4Kモニターとの相性も分からないし、よく分からんところは絶対に出てくるので、明日・明後日はその作業に時間を費やすことになりそう。僕は、最後のペン入れ・仕上げ作業だけは、パソコン&液タブでしか出来ない性分なので、何とか以前のように使いやすいレベルまではセットアップしたいな。そして、あとはペン入れ・仕上げの最終工程で意識するポイントの整理もしたい。

 

作業の進捗に関してはそんな感じかな。

 

当初の目標としては、3月末までに作品をひとつ完成させるという目標だったんだけど、日程がオーバーしても特に問題ないので、気長にコツコツとやっていこうと思う。一歩ずつ。一歩ずつ。

M2 Mac miniとLG 27UL500-Wを注文した。

5年ほど使っていたiMac(2018 mid 21.5インチ)が壊れてしまい、前から欲しいと思っていたM2 Mac miniを購入した。

SSDストレージは、自前で用意すれば良いので、デフォルトの256GBでも問題ないのだが、どうしてもメモリだけは16GBに増設したかったので、Apple公式のオンラインストアからカスタム注文。早ければ4日ぐらいで届くそうだけど、長ければ1週間以上かかりそう。まあ気長に待つか。

 

ちなみに、キーボードやマウスといった周辺機器は持っているものの、外部モニターを持っていなかったので、これも別途注文した。

僕が購入したのはLGの「27UL500-W」というモデルであり、安価な4Kモニターとして有名だったのでこれに決定。モニターについては、iMacを使っていた時から色々と不満点もあったので、価格と性能と予算のバランスを考えながら、「もしかしたら将来的に買い替えるかもしれないけど、ひとまず満足できそうなレベル」として、このモニターを選んだ。

 

僕は普段の作業を液タブ(Cintiq Pro 24)で行っているので、実を言うと、メインモニターをずーっと眺めて作業しているわけではない。むしろ、モニターを見る機会というのは、資料を探している時とか、出来上がった原稿を確認する時とか、YouTubeやTwitchといった動画を見ている時に限定されており、それ以外の時間は基本的にずっと手元の液タブを見ている。つまり、メインモニターでガッツリ作業することなんてほぼないので、僕が使っていた21.5インチのiMacでもほとんど問題はなかったわけだ。

ただし、21.5インチは地味にストレスを感じるサイズであり、YouTubeと資料を横に並べて表示すると、資料がYouTubeの画面で隠れてしまうとか、微妙にイライラする狭さなのだ。そのたびにいちいち画面を調整せねばならず、そういった調整をせずにドカンと大きく並べて表示できるワイドモニターに憧れを抱いており、そういった理由から今回は27インチを選んだ。

 

もうひとつのポイントは解像度というか、画質の話になるんだけど、現在使っている液タブが4K表示であるため、液タブとモニターの解像度を合わせるという意味でも、モニターを4Kにするのは僕の中では必須だった。

ただ、僕は昔からiMacが採用している4K Retinaディスプレイが若干苦手であり、確かに画質は文句なしに綺麗なんだけど、ギラギラしすぎているというか「あまりにも鮮明に見えすぎて気持ち悪い」という感覚がずっとあった。なので、液タブで描いた絵をiMacのモニターに映したときに、自分が思っているのとは少し違うというか、絵の粗さが目立つ感じがしていて、もっとギラギラ感を抑えたモニターを試してみたいと思っていた。今回、非光沢(ノングレア)のモニターを選んだのもそれが理由である。人によっては画質が落ちるという人もいるが、僕はiPadやiPhoneにアンチグレアのフィルムを貼って使用していた期間が長いので、むしろアンチグレアに慣れており、こっちの方が好きだったりする。実際に使ってみてどう感じるか分からないが、とりあえず試してみようと思う。

 

あとは、色域とか、色味の問題なんだけど、これについてはレビューの中に「デザイナー向けじゃない」といった意見があり、カラーキャリブレーションが出来ないとか、色々と問題があるらしい。ただ、現状として、そんなにカラーイラストを描くこともなく、正確な色を表現しなければならない仕事を請け負っているわけでもないので、その点はひとまず無視しても良いかなと。もし、カラーイラストを本格的に描かなければならない状態になったときに、改めてモニターの買い替えを検討すればいい。

 

まあ、とりあえずそんな感じです。

本当はパソコンとモニターを買い替えるついでにデスクと椅子も新調したいんだけど、それはもう少し先にしよう。

ネームはiPadで描いた方が良いことに気づいた。

昨日パソコンがぶっ壊れてしまい、ネーム・下書き作業をiPad Proで引き継ぐことにしたんだけど、これぞ怪我の功名と言うべきか、iPad Proで作業してみて色んなことに気づくことができた。

 

まず、すごく初歩的なこととして、クリスタの編集データの共有・同期方法の最適解が見つかった。

 

以前までの僕は、クリスタの編集データを異なるデバイス間で共有するためには、クリスタのクラウドにいったんアップロードしたあと、その編集データを端末ごとにダウンロードする必要があると認識しており、いちいちアップロードとダウンロードをする煩わしさから、クリスタのクラウドを利用することはほぼなかった。つまり、デバイスごとにローカル保存をしていたため、例えばiPadで作業したものをパソコンで引き継いで行うということをしなかったわけだ。せいぜい、iPadのProcreateで作成したラフ絵をPSDで出力し、AirDropでiMacに送るぐらいだろうか。

 

ただ、今回iPadで作業を行うにあたって、事前にクリスタ編集データをiCloudに保存していたんだけど、そのおかげで僕は重大な事実に気づいた。iCloud上のデータを編集する場合、保存するたびに勝手にデータが同期されるので、いちいちクラウド上にデータをアップロードする必要がないし、ファイルを開くたびにダウンロードする必要もない。つまり、アップロードとダウンロードの煩わしさがゼロなのだ。

しかも、この方法だと常にデータのバックアップが取れるので、今回のようにローカル保存していたパソコンがぶっ壊れたとしても、データが消えてしまう心配もない。極論を言えば、もはやローカル保存しておく必要はなく、常にiCloud上にデータを置いとけば、パソコンでやってた作業をiPadで引き継ぎ、外出先で作業することもできるし、その逆に、iPadでやっていた作業をパソコンで引き継ぐことも簡単に出来てしまう。あとは、一応念のため、パソコンにローカル保存しておくとか、外部ストレージにバックアップを取っておけば、万が一iCloudにエラーが発生したとしても何とかなる。ていうか、最初からそうしとけば良かった。

 

そして、もう一つ。

iCloud上にあるクリスタ編集データをiPadで開いたときに、なんだか随分と絵が小さくて細かいなーということに気づき、思わずハッとさせられた。

 

僕はパソコンで作業するときは、Cintiq Pro 24を使って作業するんだけど、このような大画面の液タブで絵を描くと、どうしても拡大して描くことが多く、ひたすら細部を描き込んでしまう傾向がある。解像度が高すぎるので、細かいところをこだわろうと思えば出来ちゃうからだ。結果として、24インチの4K解像度モニターに絵を拡大して表示することが多くなるので、その絵を「大きい」と錯覚してしまう現象が起きてしまう。

しかし、実際、その絵をiPadで見てみると、自分が思っているよりも「小さい」と感じる。僕のiPad Proは11インチであり、液タブの半分以下の液晶サイズで冷静に全体像を眺めた結果、正味のバランスがちゃんと把握できるというわけだ。これはたとえるならば、漫画にめちゃくちゃ目を近づけて読むか、目を離して読むかの違いである。液タブで描いているときは残念ながらこれに気づけない。

 

そして、iPadは、絵を拡大して細かく描き込むことに向いていないため、常にキャンバス全体が見えるような縮尺で絵を描くことになり、いやでも全体のバランスを意識することになる。液タブで使っていたような細かいところを描き込む繊細なブラシではなく、ボンヤリとしたボケ足の強めのブラシを使って、全体像を掴みながら描くので、全体のシルエットとか、キャラの大きなパーツに意識を集中させることができ、服のシワとか毛先の細かい流れとか、細部は全部無視できるようになる。つまり、全体のバランスを整えなければならないネームや下書きを描くのにめちゃくちゃ適していると言える。

 

絵のおおよその印象は、この全体像をどう描くかでほぼ決まると僕は思っており、下書き作業を駆け足で終わらせる前に、iPadで確認出来て良かったなと思う。全体をボンヤリと眺めたときに初めて気づくことも多かったし、「あれ?自分が思っていたより、絵の印象が弱いなー」とか、「キャラの造形が微妙だなー」とか、そういうことも確認することができた。さすがに最後のペン入れや仕上げ作業は液タブじゃないと出来ないけど、役割分担として、ネーム・下書きはiPadでやった方が良いな。うん。

 

というわけで、iPadでのネーム・下書きのお話でした。