MENU

「Grammarly」のChrome拡張機能が最強過ぎる件

 はてブの過去の注目記事の中に、こちらの記事を偶然発見し、「え、こんな便利なツールがあったの!?」と驚いたので、ちょと書かせてください。

 

 Grammarlyについて、どんな機能があるのかは、こちらの記事の中で詳細に書かれているので、省かせて頂きますが、私個人として特にお気に入りなのは、Chrome拡張機能です。

 と言いますのも、メールにしても、SkypeなどのSNSにしても、私は全てGoogle Chromeからアクセスして使用しており、ほとんど全ての作業がChrome上で行われています。そのため、この拡張機能は超嬉しい

※ あくまでもChrome拡張機能なので、メーラーを別途ダウンロードしているとか、Chrome以外のブラウザを使用しているといった場合には、恩恵がありません。。

 

 この拡張機能をONにして、メールでもチャットでも何でも良いんですが、Chrome上で英文を入力すると、右下の緑色のマークがクルクルと回り、文法が正しいかどうか勝手にチェックしてくれるんです。英文の中に間違っている箇所がある場合、間違っている数が表記され、クリックすると、どのように修正すべきか教えてくれます。

 こういう類の校正ツールって、その精度に疑問のないわけではないんですが、Grammarlyの精度は結構凄いと思います。例えば、「jurisdiction in」と打つと、そこが間違っているという指摘があり、「え?なにが間違いなの??」と思って修正文を見てみると、「jurisdiction over」という指摘が。よくよく調べてみると、どちらも文法的に間違いではないんですが、「jurisdiction over」の方がよりメジャーな表現らしいのです。

 これにはさすがに、「そんなことまで指摘してくれんの!?」と驚きました。

 

 もちろん、Chrome拡張機能を使用しない場合であっても、このアプリをダウンロードしておけば、英文を作成する必要が生じたときに非常に便利です。すぐにネイティブチェックを受けられる環境だったとしても、とりあえず、自分の文章の文法チェックができるので、ちょっとしたメールを返信したいときなどに役立ちますね。

 あとは、仕事で使わないという人であっても、ライティングの練習がしたいとか、そういう目的でも使えると思います。是非お試しください~。